ナイトブラ基礎知識

ナイトブラはなぜ着けるの?メリットとデメリットから必要性をわかりやすく解説します

ナイトブラのデメリット
  • ナイトブラってなんで必要なの?
  • ナイトブラをつけることでデメリットってないの?

なんて思ったことありませんか。

ナイトブラを購入する前に、どうして必要なのか知っておかないとなかなか購入しようという気にはならないものです。

ナイトブラはメリットが大きいですが、デメリットも少なからずあります。

今回はメリットとデメリットを考慮しながら、必要性についてお話していきましょう。

こまる

ナイトブラはバストにいい効果がたくさんあるよ♪

\こちらで厳選した優秀なナイトブラ/

ナイトブラをつける必要性はあるの?

ナイトブラの必要性ってある?

ナイトブラはとても人気で最近つける人が増えました。ではなぜナイトブラを着けるのでしょうか?

結論からいうとナイトブラを着ける必要性はあります。

ナイトブラはその名の通り「夜に着けるブラジャー」です。昼ではなく夜につけるブラジャーだということですね。

なぜ夜と昼とでブラジャーを変えないといけないのかそこにはちゃんとした理由があります。

ナイトブラをつけるメリットは?

ナイトブラメリット

ナイトブラをつける必要性があるのはわかりましたが、実際のメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

ナイトブラをつけるメリットは大きく分けて3つあります。

  1. バストの動きを抑制して睡眠の質をあげることができる
  2. 離れたバストや垂れたバストを元の位置に戻してくれる(補正力)
  3. 締め付けがなくストレスなくつけられる
  4. つけることでバストアップ効果も期待できる

ナイトブラのメリットについてそれぞれ詳しく説明していきましょう。

バストの動きを抑制して睡眠の質をあげることができる

ナイトブラのメリット。睡眠の質をあげる

バストは昼と夜で流れる方向が違います。

昼はバストが下に重力がかかるのに対して、寝ている時は横に重力がかかります。

寝る時にバストが揺れると寝返りの度に気になってしまい、睡眠の質に影響します。

適度な締め付けでお肉とバストを固定し、胸のことを気にせずに眠るためにナイトブラを活用するといいですよ。

よく聞く、寝返りでクーパー靭帯が切れるからそのためにナイトブラを使用するというのは信用性の低い話なので安心してくださいね。

こまる

いい睡眠を取ることもバストアップには必須だよ!

離れたバストや垂れたバストを元の位置に戻してくれる(補正力)

バイトブラのメリット。補正力がある

ナイトブラには補正力が備わっているので、離れたバストや垂れたバストを元の位置に戻してくれる機能があります。

離れたバストや垂れてしまったバストをどうにかしたいと考えている人もいるでしょう。

ナイトブラは補正力があるので、離れたバストや垂れたバストを固定して維持してくれます

毎日夜つけることでその形が維持され綺麗なバストの形に戻っていきます。

こまる

この力がバストの形を綺麗にしてくれるよ!

締め付けがなくストレスなくつけられる

ナイトブラは締め付けがない

昼用ブラがきついので寝る時はブラなしで寝るという人もいるのではないでしょうか?

それは昼用ブラをつけて寝ると締め付けが苦しかったり、寝苦しかったりするからですよね。

昼用ブラで感じる締め付けや苦しさを取り除くのがナイトブラの役割

ストレスなくつけられる、睡眠の妨げにならないことの他にもさらに機能が備わり高機能になってきているのが今のナイトブラです。

こまる

昼用ブラで眠れない!って子につけて欲しいのがナイトブラ♪

つけ続けることでバストアップ効果も期待できる

ナイトブラはバストアップ効果も得られる

つけ続けることでバストアップ効果も期待できます。しかしナイトブラはバストアップを目的として作られたものではありません。

けれど脇下のお肉や背中の肉をバストに集めてくれることや睡眠の質が向上するなどが重なり、結果的にバストアップ効果も期待できるよという仕組みです。

長期的な目で見てつけ続ける必要はありますが、人気のあるナイトブラや機能性がいいナイトブラを選ぶことでバストアップ効果も得ることができますよ。

こまる

睡眠の質をあげて、周りのお肉をバストに集めてくれるのがナイトブラのメリット♪

ナイトブラのデメリット

ナイトブラデメリット

メリットを紹介してきましたが、続いてナイトブラのデメリットについて紹介していきます。

デメリットといってもナイトブラの常識とも言える内容です。

  1. ナイトブラは消耗品で買い替えが必要
  2. ぴったりサイズを選ばないと効果がない
  3. 寄せる脂肪がない人はバストアップ効果がないことも

このデメリットを理解してナイトブラを使いましょう。

ナイトブラは消耗品で買い替えが必要

ナイトブラが緩んだら買い換える

ナイトブラはブラジャーと同じで肌に直接着る物なので、毎日洗濯が必要です。毎日洗濯しているとやはり自然と伸びてきてしまいます。

洗濯に気を使って毎日手洗いで洗っていても、着脱するたびに伸ばしながら着るナイトブラの一般的な寿命は3〜4ヶ月と言われています。

大体1年で3回買い換える計算になります。

ナイトブラメーカーの公式サイトを覗くとほとんどが複数枚購入をおすすめしています。その理由は消耗品だからです。

なので洗い替えや買い替えのことを考えると、最初に複数枚買う方がトータル的にコスパもよくなり手間も省けます。

ナイトブラ買い換え時
ナイトブラってどのくらい持つの?買い替え時とタイミングナイトブラの買い替え時とタイミングに迷うことありませんか?ナイトブラは使用しているうちに伸びてきてしまうので、定期的に買い替えが必要です。ナイトブラを買い替えず伸びたまま使用していると効果が失われるどころか知らぬ間に胸が垂れてきてしまうこともあります。今回は知らぬ間に効果がゼロになることを防ぐために買い替え時やタイミングなどを紹介していきます。...

ビッタリのサイズを選ばないと効果がない

ナイトブラはぴったりサイズ

ナイトブラは自分にぴったりサイズの物を選ばないと効果がありません。ぴったりサイズを選んで初めてナイトブラの効果を最大限発揮することができるからです。

なので自分のアンダーサイズとバストトップサイズを把握しておく必要があります。

ナイトブラは肌に直接身につけるものなので、基本的に返品交換ができません。そのこともあって最初の購入時とくにサイズ選びには慎重になりましょう。

失敗を防ぐためにも自分のサイズを把握し、ナイトブラメーカーのサイズ表と比べて自分にぴったりサイズの物を見つけ出してください。

貧乳さん向けのナイトブラの選び方は以下の記事でも紹介しています。

\自分にあったものを探す/

寄せる脂肪がない人はバストアップ効果がでないことも

バストアップ脂肪あり

ナイトブラは脇のお肉や背中のお肉を集めて固定してくれる結果、バストにお肉が集まりバストアップ効果を感じることができるものです。

なので貧乳さんでも背中や脇にお肉がある人の方がバストアップ効果が現れやすいと言えます。

その寄せる脂肪がない人はバストに集まるお肉がないので、バストアップ効果が現れないこともあります

ですが本来ナイトブラはバストアップ目的で作られたものではなく、バストの形を整えたり、睡眠の質を高めるために使用するものです。

睡眠の質を高めたり胸を固定する効果は、綺麗なバストになるには必須の要素なのでバストアップ効果だけで判断するのはおすすめしません

口コミのいいナイトブラ一覧

口コミのいいナイトブラ一覧

今やいろんなメーカーがナイトブラを販売しています。口コミを見てみるといいものや悪いものなど様々です。

ナイトブラのメリットデメリットを踏まえて、口コミのいいナイトブラを紹介します。

クリスチャンマリア

  • クリスチャンマリア着画

当サイトで一番おすすめしているクリスチャンマリアです。クリスチャンマリアはサイズ展開がないため実は悪い口コミも多いです。

けれど貧乳さん向けに特化していて、ナイトブラとしては最高の機能です。実際に試した私にも美乳効果が現れました。

サポート力・補正力・デザイン性ともにとても優秀なナイトブラです。

レビュー記事公式ページ

Viageビューティーアップナイトブラ

Viageのナイトブラは他のサイトでも一位に輝いている大人気ナイトブラです。Viageはサイズ展開が広くどのバストサイズの人も購入できるというのが素晴らしい点です。

さらにコスパがいいため幅広い年代の方に選ばれています。

Viage公式

PG-bra(ピージーブラ)

PG-braは育乳サロンが監修して作られたナイトブラです。

全てのナイトブラのいいとこ取りをしたようなナイトブラで機能性も高いです。

育乳サロンが発売しているナイトブラなので、育乳に特化していて今人気が出てきているナイトブラです。

PG-Bra公式

結果デメリットはあるがナイトブラをつける必要性はある!

ナイトブラはデメリットはあるけど必要性がある

ナイトブラによるメリットとデメリットを紹介してきましたが、結果ナイトブラをつけつ必要性はある!と判断できます。

ただ消耗品で買い替えが必要な分、コストはかかってしまいます。しかしバストアップや美乳を目指している人にはいい効果が多いですよね。

ナイトブラだけでバストアップを目指すというのは少し厳しいかもしれませんが、ナイトブラも併用しながらバストマッサージや筋トレ、食べ物に気をつけるなど効果のあるものを同時に行うことをおすすめします。